LaTeX

LaTeX(ラテック、ラテフ、レイテック、レイテックス)とは、レスリー・ランポート(英: Leslie Lamport)によって開発されたテキストベースの組版処理システムである。電子組版ソフトウェア TeX にマクロパッケージを組み込むことによって構築されており、単体の TeX に比べて、より手軽に組版を行うことができるようになっている。

なお、LaTeX を基にアスキーが日本語処理に対応させたものとして日本語 LaTeX が、さらに縦組み処理にも対応させたものとして pLaTeX がある。

読み方

LaTeX の生みの親レスリー・ランポートは、「LaTeX」の発音について自著「LaTeX: A Document Preparation System」 の中で、

通常、TeX が「テック」と発音されているので、論理的に考えれば「ラーテック」や「ラテック」、「レイテック」などが妥当なところかもしれない。しかし、言葉というものはつねに論理的とはかぎらないので、「レイテックス」でもかまわない。

と述べている。日本語では「ラテック」あるいは「ラテフ」と呼ばれることが多い。

成立の背景と開発者

LaTeX 以前に、「TeX」という名の数式の処理に優れる組版ソフトウェアがあり、その TeX を使ってもっと簡単に論文やレポートを作成したいという要望があった。LaTeX はその要望に応えて開発されたものであり、レスリー・ランポートが TeX の上にマクロパッケージを組み込むことで構築したものである。さらに LaTeX では、TeX の煩雑な部分の修正も行っている(たとえば、累乗根や分数の設定方法など)。また TeX やそれを基にした LaTeX は主に米国での表記法を基に作られたもので、日本の初等教育・中等教育での数式の書き方とは一部異なる。例を挙げれば、日本の初等教育・中等教育では等号附き不等号として、「≦」と「≧」が、近似記号として「≒」が、相似記号として「∽」が用いられる。一方で TeX や LaTeX の標準では、等号附き不等号として「≤」(\leq または \le)と「≥」(\geq または \ge)が、近似記号として「≈」(\approx) や「∼」(\sim) が、相似記号として「∼」(\sim) が用いられる。日本で使われる記号を使う必要がある場合は,amssymbパッケージを用いることで「≦」(\leqq), 「≧」(\geqq), 「≒」(\fallingdotseq) が使用できる。

動作環境と各種バージョン

LaTeX ソフトウェアは、LaTeX Project Public License (LPPL)に規定されたライセンスで提供されたフリーソフトウェアである。現在、Mac OS X や Solaris などの UNIX®、Linux OS や BSD 系 OS や OpenSolaris などの UNIX 互換 OS、そして Microsoft Windows など、多くの オペレーティングシステム 上で利用できる。

現在使われているバージョンは LaTeX2ε である。古い LaTeX 2.09 を利用している場合には、LaTeX2ε への更新が推奨されている。

  • 1993年、LaTeX の新版である LaTeX2ε(ラテック・トゥー・イー)がリリースされた。
  • 1995年、日本語 LaTeX2ε (pLaTeX2ε) がリリースされた。

なお、組版処理による表記ができないプレーンテキストや電子メールなどの場合には LaTeX2ε を「LaTeX2e」または「LaTeX 2e」と表記することになっている。また、「pLaTeX2ε」は株式会社アスキーの登録商標であり、「ピーラテックツーイー」と読むのが正しいとされている。

インデの色々

特徴

LaTeX の特徴として、テキストファイルであるソースコードを入力として処理することで DVI や PDF などの表示形式を出力として得ることが挙げられる。

LaTeX の最大の長所は、TeX に由来する高品質で自由度の高い組版処理能力である。組版処理能力は一般向けの出版物の作成にも充分に耐えられるものであり、実際の出版例もある。

中でも数式組版の品質が高い。さらに、数式専用の命令文(コマンド)が用意されているので、単純なソースコードで高品質な数式表示を得られる。そのため、数式を多く含む自然科学系や工学系の出版物などでは、LaTeX 形式での投稿が標準的なフォーマットとされていることも多い。

くわえて、ソースコードに詳細な設定を記述することで、文書のスタイル(表示形式、見栄え、たとえばレイアウトやフォントな ど)を自在に調節できる。また、ソースコード上で文書内容・文書構造(章・節・段落や強調箇所など)と文書スタイルの設定との分離が可能である。そのた め、同一文書内で終始一貫したスタイルを保つことができる。また、同じ文書内容でレイアウトやフォントだけを変えることができるなど、文書内容データの再 利用性が高い。一度スタイル設定を決めてしまえば、あとは文書内容の記述に専念することができるという利点もある。論文などの投稿では、学術雑誌のスタイルを記述したファイル(パッケージファイル)を Web からダウンロードして利用することで、統一されたスタイルで論文を投稿することができ、論文の投稿者と雑誌の編集者とのやり取りを簡略化できる。Kile、TeXShop、TeXworks、EasyTeX、WinShell などの TeX 用エディタや、野鳥(やてふ、YaTeX)、TeXlipse、KaTeX(花鳥、かてふ)、祝鳥(のりてふ)、M's TeX Helper 2などの TeX 用テキストエディタマクロを兼用することによって、より効率的な文章作成が可能ともなる。また Maple や Mathematica などでドキュメントを作成し、TeX 形式で出力することも可能である。

ソースコードを処理して表示形式を得るという性質上、処理するまで視覚的に出力を確認できない。そのため、出来上がりの様子をリアルタイムで捉えにくい。

また、現在の時点で Microsoft Word などと比べると、LaTeX の基本的な扱い方を解説する日本語文献は数多くあるが、高度な扱い方を解説する日本語文献が出版物と ウェブ上文書の両方で少ない。そのため、日本語文献だけでは LaTeX の熟練者が育ちにくい状況にある。

入力については、文章の作成に複雑な命令文(コマンド)の入力が必要とされるため、初学者は入力に時間が掛かるということが挙げられる。ただし、熟練すれば OpenOffice.org Writer や Microsoft Word などのように機能をメニューから探す必要が無くなって、全体的な入力時間を短くできる。そのため LaTeX に慣れた者にとっては、これは必ずしも短所とはならない。さらに、この短所を補うような、煩雑な命令文の入力をせずに Microsoft Word の文章をそのまま TeX もしくはその逆方向に変換する機能を搭載した製品もサードパーティにより販売されている。

表や図を描くには文章作成よりも煩雑な命令文の入力が必要となる。そのため、Inkscape や Adobe Illustrator などの画像描画ソフトウェア、gnuplot や Origin などのグラフ作成ソフトウェア、Maxima や Mathematica などの数式処理システムのグラフ作成機能、OpenOffice.org Calc や Microsoft Excel などの表計算ソフトウェアなどを利用して、得られた出力結果を LaTeX に取り込んだ方が時間的には効率が良い。

このような、LaTeX 初学者やパソコン初学者にとっては扱いづらい短所の影響もあって、現在のところ LaTeX の一般的な使用範囲は、主に、自然科学系、および応用科学系(特に工学系)の論文作成や研究誌への投稿フォーマットなどに留まっている。

DTPのあれこれ

indeza.jp